So-net無料ブログ作成

BBCのラジオBeatles in the Ussrの内容 [ビートルズ]

Beatles in the Ussr(ソ連のビートルズ)の
内容を紹介します。
間違って聞き取っている可能性が高いかと
思いますので、参考程度と考えて頂ければと
思います。

――――――――――――――――――――――――――
最初に1964年のアメリカでの熱狂ぶりを紹介し、
そして冷戦の話をしています。

ソ連ではビートルズは入ってきていませんでした。
1964年の映画A Hard Day's Nightは勿論公開されて
いませんでしたが、66年にCan't Buy Me Loveは
テレビで放送されました。
しかし、内容はまったく別のもので、アメリカでは
お金がなければ何も買えないということを
紹介したものです。
ソ連時代はすべてのレコード製作は政府によって
統制されていました。
ですのでビートルズの曲Can't Buy Me Loveが
テレビで聞けたことは非常に驚きでした。

ビートルズの曲で最初に発売されたのは
Can't Buy Me Loveで歌詞はロシア語に替えられて
いました。
その次発売したのはGirlでした。
その後ロシア語に替えてないレコードが出回り
歌詞と曲は伝統音楽ですと付けられていました。
Girlはフォークソングとして扱われていました。
ソ連時代の当時はロックはタブーだったので
フォークとして売られていました。
それでも、ラジオはもっと統制が厳しく、決して
ラジオでビートルズを聞くことはできなかったです。

しかし、ソ連の人たちもレコードを捜し求めて
いました。
1つは外交官によって何処かからもたらされた
ものです。
もう一つは業者によって持ち込まれたものです。
それらのレコードがテープへダビングされて、
そしてテープからテープへ、そのテープから
さらに違うテープへと次々にダビングされて
ソ連中に広がりました。
音質はダビングを繰り返すので良くなかったです。
地下鉄の駅でレコードの販売や交換会なども影で
行われていましたが非常に高価でした。

音楽がファンの間で広まってもビートルズの写真は
誰も見たことがありませんでした。
しかし、ドイツの雑誌のリプリントされたものが
ポーランドで出て、それがソ連にも入ってビートルズの
写真を見ることができるようになりました。
しかし画質は悪いものでした。
――――――――――――――――――――――――――

この後に楽器の話をしていましたが、私は詳しくないので
あまりちゃんと聞き取れませんでしたので割愛しました。

これは前回紹介した時間しか聞けないのかと思いましたが
iPlayerというもので今日からあと7日間は視聴できます。
http://www.bbc.co.uk/programmes/p0023yc8
23分で終わりますのでパソコンで作業しながら視聴して
みるのは如何でしょうか?

Episode 1と書いてありますので続きがあるものと
私は期待しています。
詳細が分かりましたらまた報告致します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。