So-net無料ブログ作成
検索選択

ビートルズをテーマとしたビデオゲームができる!! かも。の追加記事 [ビートルズ]

8月12日に記載しましたビートルズをテーマとした
ビデオゲーム化を目指すという記事で英紙
フィナンシャル・タイムズの6月23日の記事を
書きましたが、よく見ますと6月22日のものも
ありました。
初めは同じ文でしたが、こちらの方が文が長かったです。
http://www.ft.com/cms/s/0/c53ca940-4081-11dd-bd48-0000779fd2ac.html
重なっていない部分を訳してみます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
繰り返しの話し合いにもかかわらずアップル社とEMIはやっと
ビートルズの音源をiTunesを含むデジタルで使用するのを許可した。

アップル社はJeff Jonesがチーフ・エグゼクティブを引き継いだ
でから、ここ最近の数ヶ月は更に活発になった。

アップル社はポール・マッカートニーとリンゴ・スター、
オリビア・ハリスン、ヨーコ・オノ・レノンを含む役員会は
ビートルズの曲を(テレビ番組)アメリカンアイドル
ラスベガスでのショーで使用するのを許可した。

200以上のビートルズの著作権を管理している
Sony/ATV Music Publishingのチーフ・エグゼクティブ
Martin Bandierは、アメリカン・アイドルで公開されたことで
携帯からも含めて多くの問い合わせが生じた。

「私の視点では、ビートルズの曲のオリジナル音源が映画やテレビ、
もしかしたらいつの日かコマーシャルでさえも見られるのは
時間の問題だ」とBandierさんは話し、商業主義に関する感受性は
若い世代にビートルズがさらされるメリットに対してバランスが
取られるべきであると議論している。

アクティビジョンとアメリカ最大のビデオゲーム発行元の
エレクトロニック・アーツとの間の争いで揺れ動いているのを
ビートルズは助けることができた。

MTVとパートナーのエレクトロニック・アーツは11月にロックバンド
(ゲームの名前)を紹介した。
機能性を追加したお陰で、このゲームは300万本以上売れた。

アクティビジョンの広報はビートルズの権利を求めて争って
いたかどうかのコメントは拒否している。
「全ての有名なロックアーティストにロックバンドに含ませる
可能性が得られる方法に関していつも我々は事実上話をしている。」
とMTVは話した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

非常に訳しにくかったので、分かりにくい日本語ですが、少しでも
役に立てて頂ければ幸いです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。